FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lunettes1030.blog71.fc2.com/tb.php/19-c3c8503f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Turkey 2

トルコ2日目の朝、5時半。
市街に響き渡るアザーン(お祈りの時間を知らせる放送)で目が覚めた。
気分が一気にどどーんと沈む。
ここである疑惑が確かになった。
モスクを見て気分が悪くなった理由、観光する気になれなかった理由。
この街、イスラムの香りがプンプンするんですぅーー!!!!!
実は最近イランでも感じてました、イスラムアレルギー。
先日行ったシーラーズ・ペルセポリス旅行を楽しめなかったのも実はそう。
原因はイスラムの考えに則った国政治に由来します。
国民じゃない私にだっていろんな想いがあります。
詳しく論ずると捕まるので、書けませんが。

モスクが嫌、チャードル着てる黒い人見るのも結構ダメ、
ケバブって言葉聞くのもいやー。(これは関係ない?)
まあ、そんなわけで知らず知らずのうちに
かなり重度なイスラムアレルギーになっちまってたわけです。

暗い気持ちを引きずり、hiroとkazuを起こして。
まだ薄暗い朝7時前、ホテルを後にしました。

この日は同期のくまこに話を聞いてからずっと行きたいと思っていた
世界遺産「カッパドキア」へ。
イスタンブールの空港よりよりイラン側へ戻ること1時間半。
10時過ぎ、カイセリ空港へ到着。
カッパドキア行きの飛行機はほとんどが、といっても過言でないくらい
日本人観光客でいっぱいでした。
ここからは申し込んであったツアーに参加。

chaushinツアー会社の手配してくれた車でさらに1時間半。
チャウシン村へ到着。
昔キリシタンたちが住んでた場所、だったっけな?
既に始まっていたツアーにここで合流。
チャイを飲み休憩しているツアー客。
様々な人種がいましたが日本人らしき人を2組発見。
一組は学生らしい男の子3人組。一組はカップル。
わーい、日本人だ!
なんだか嬉しくなって、カップルの女性に話しかけてみた。
「午前中はどこを見に行かれたんですか?」
返事がない。困った顔をしている。
もう一度同じ質問してみた。
「sorry」と返答あり。?????
そこへトイレから戻ってきた彼に向って彼女は
「オッパー!」
へ!?……なんと彼女、韓国人だった。
まさか、まさか間違えるなんてー。ショック。
学生3人組の男の子は間違いなく日本人でした。


さて、気を取り直してランチ。ortshisar
オルタヒサル城塞のすぐそばらしい。
今回は日頃の勉強の成果を確認するため、英語ガイドにしてみましたー。
バスの中で城塞についての説明があったんだけど、
そのガイドさんが言うには
「この城塞から街を臨み、TAXを決めていました」と。へー。
hiroに確認したら、沈黙と白い目。
「隠れキリシタンがいないかこの城塞から見張ってたって言ってたけど?」
あ、はは・・・。

ランチはトルコ料理。
トマトが使われてる料理が多くて美味しかった。

kaymakli次はカイマクル地下都市へ。
イスラム教の迫害から逃れ、
こんな狭く暗い場所に二万人の隠れキリシタンたちは住んでいたんだー。
一緒のツアーに参加してイギリス人のおじさん、
閉所恐怖症らしく、途中で喘息のような発作を起こしてた。
閉所恐怖症の人ってよくいるけど、生命を脅かす病気なんだ…。

pigeon valley   Pigeon Valley。
なんで鳩の谷って言うんだっけな??
英語ガイドは耳からスルー。
ガイドブックも帰って来てすぐ友人に返してしまったので不明のまま。

カッパドキアの日没は早く16:30。
この日のツアーはここでおしまい。
ホテルは洞窟ホテル。
洞窟をリフォームしてある雰囲気のいいホテルでした。
が、時々天井からパラパラと砂が…。

tuboyaki-kebab夕飯は名物・壺焼きケバブ。
壺を割ると煮込んだ肉が。
えー、ケバブー。と思ったけど。
めちゃめちゃ美味しかった。
カッパドキアで時々出されるリンゴ味のチャイ。
これもすごく美味です。


比較的暖かかったイスタンブールに比べ
山であるカッパドキアはすごく寒くて。
飛行機での移動や寒さのせいもあり
とても疲れた一日でした。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lunettes1030.blog71.fc2.com/tb.php/19-c3c8503f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。