Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goodby Tehran

お久しぶりんちょ。
5月よりこのブログ、イラン政府によるネット規制の為、更新はおろか閲覧すら出来ず。
そんなわけでご報告遅れましたが。
7月1日付けでhiroの日本帰任が決まり。
昨日6月20日、無事イランを出国しております。


内示が出てから出国前日までの日々。
なんだか淋しくて仕方がなくて。
イランがとてもいい国だったような錯覚にまで陥ってしまったー。
あんなに嫌いだったイスラム教すら愛おしく。
家の近くのモスクから流れるアザーンが、心地よく聞こえてきたり。
重症!?


心配だったのはkazu。
日本に帰る話をした辺りから情緒不安定。
すぐに泣くようになり、指しゃぶりがひどくなる。
「僕はイラン人だから、日本には帰りたくない!!!」と…。
ホントにたくさんのイラン人に可愛がってもらったもんね。


2011 tehran 006t2 可愛がってくれた先生たち。

2011 tehran 002t お手伝いさんのジョイス。
あ、この人フィリピン人か…。

2011 tehran 011t ドライバーのアリーさん。

多くのイラン人との別れ。
「また会おうね。」ではなく「またどこかで…。」
そこにはもう2度と会えないかもしれないけど、っていうニュアンスが含まれていて。
なおさら悲しくなった。


そして出国。
見送ってくれたアリーさんと涙の別れ。
kazuは「淋しい、淋しい。」と涙を浮かべ、
ドバイに着いてからも「イランに戻りたいよー!」と言い続けていました。
私はもう少し立ち直りが早く。
飛行機が飛び立って、へジャブを脱ぎ捨てた瞬間にスッキリ。
あの郷愁の日々は???
hiroなんて全く淋しいという感情が湧いてこなかったそうな…。
冷酷!!!!!!


2011 tehran 014d
今、ドバイに滞在中です。
ジュメイラ・ビーチ・ホテルに滞在中。
窓の外には1泊20万?のホテル、「バージ・アル・アラブ」。
んー、いい眺め。
kazuはそれでも「イランがいいよー。」と。


今日は隣接しているワイルド・ワディというプールへ。
数時間遊んで。
とうとうkazuに「ドバイの方がいい。」と言わせました。
お見事、ワイルド・ワディ。笑

運よく現在ドバイは夏のセール中。
明日はドバイモールで「テヘランさよならセール」しまーす。喜


そんなこんなで我らは6月24日夕刻に成田に到着します。

テヘランのみんな、ホントにお世話になりました。
また日本で遊ぼうね。
って、このブログ、テヘランでは見れないね…。

日本のみんな、これからまたよろしくねー!!



イランの生活。
閉塞的な国に息がつまりそうになることもあったけど。
あの国で生活することが出来てよかった。
ありがとう。
さようなら、テヘラン。
またいつか会えるといいね。






New year

イランでは新年を迎えました。
ここは西暦ではなくイラン歴。
西暦の3月21日がイラン歴の1月1日に当たります。

これがいつまで経ってもよくわからない…。
今日がイラン歴の何日なのか把握してません。
そんなわけで賞味期限は一切無視でお買い物。
牛乳買って来て次の日に飲んだら腐ってた、ってこともしばしば…。
犠牲になるのはいつもkazu。ごめんね。涙。
でもおなか壊したことって一度もないなぁ。


年が明け、私を取り巻く環境も少しずつ変わっていきます。

まずはテヘラン同期達の帰任や他国への異動。
苦楽を共にしてきた友人らとの別れは非常にツライ。
中でも一番堪えたのは
日々2011.1-4 046n 親子共々依存してきたaiちゃん・サラちゃんとの別れ。
hiroと喧嘩しても愚痴る人いないよー。泣
淋しいよぉぉぉ。

春は別れの季節。
でもテヘランが一番美しく見える季節です。
車での移動時、街路樹の新緑を見ていると何となく癒される気がします。


我らもテヘラン赴任して6月で丸3年。
そろそろ動きは出るのでしょうか。


そして刻々と変化するのは子どもたち。
次男ichiが8カ月に入り、つかまり立ちをするようになりました。
日々2011.1-4 050i
ハイハイも上手になり、どこまでも行ってしまいます。
第2子ということで、細々しているものにまで注意を払えない。
紙食べてても、まぁ、いいか。
ボールペンくわえてる。危ないけどギリギリセーフ!(?)
でもゴキブリ用のほう酸団子を持ってニコニコしているのを見た時は反省しました。

こんなに活動的なichiですが、未だに寝返りは出来ません。
仰向けに寝転がすと、自分で起きられないので大泣きです。


kazuはひらがなに興味を覚え、メキメキ読めるようになってます。
絵もすごく上手になってきた。
でも最近反抗期なんだよね。
注意すると「うるさい!」「後でやるって言ってるでしょ!」「ママがやれば!?」
いちいち腹が立つ。
これも成長なんでしょうけど…。



a prayer

先日、阪神大震災で被災した友人の体験談を聞いたばかり。
ホントに地震って怖いね、と話してたのはほんの1週間前だった。


朝、hiroの同僚より電話。
「東北に地震だって。」

こんな時に限ってADSLの更新で、ネットが繋がらない。
先週まで見ることが出来たNHK world。
アンテナ(違法)を政府に取られて見られない。
情報も得られず、するべき事も見つからず。
仙台の友人に電話は繋がらない…。


翌日友人宅でNHK worldを見てようやく情報を入手出来た。
英語で何言ってんだかよくわかんないけど、
映像を見て、悲惨さだけは理解出来た。



イングランドの新聞では一面に
「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で掲載。
各国からは支援の申し出。
企業からの支援物資。


人って暖かいと思った。


それでも十分な支援物資やサービスを得られるには
まだまだ時間がかかるでしょう。

どうか、みなさん頑張ってください。



私には何も出来ないけど…。

一日も早い復興を、
そしてみなさんと、ご家族、ご友人の無事を願います。

I'm in Tehran

1月31日、暗ーい気持ちで日本を出発。
2月1日、イランへ上陸いたしました。

我らが日本に滞在していた8カ月間。
hiroが我らのパスポートをイランに持ち帰り、
3カ月に1回、居住ビザを更新し続けるという不正?を犯していましたが。
入国審査時やっぱりバレタ…。
イラン出国のハンコが最後で入国のハンコがないのに、
ビザが更新され続けているのはおかしいということで、パスポートは没収。
一時は入国も危ぶまれましたが。
無事入国出来てしまった…。
あぁ、どうせなら入国拒否して欲しかったー。泣
てか、入国審査のイラン人達、よく見抜いたなー。
意外にちゃんと仕事してるんだー、と感心。



さて、久々のテヘラン。
大気汚染が深刻と話に聞いていましたが、ピークは過ぎたよう。
雪の降る日は寒いけど、日本よりは暖かいような?

ペルシャ語は元々話せなかったけど。
買い物時にお店の人が言う値段くらいは理解出来ていたはずなのに。
まったくわからず…。
財布広げて、お店の人にその値段のお札を取ってもらってます。
英語も然り。
英語で話しかけられても…笑顔で「ん?」
前はもう少し聞きとれたような気がするのに。むむむ。


kazuは元気に幼稚園に通ってます。
彼もペルシャ語、英語はすっからかんに忘れてしまっているようで。
幼稚園ではお友達のSちゃんに通訳してもらってるらしい。
富山弁だけは健在です。

ichiは夜寝ません。
1時間に1回、ひどい時は30分に1回起きます。
寝不足ー。
そして一人で遊べず、すぐに泣くので家事をする時はいつもおんぶしてます。
まあ、そのおかげで、日本では停滞していた私の体重減少に明るい兆しが★
1週間で2kg減りましたー!!!いぇーい。
あと2kg!!!!

実家では母親に頼りっきりだったので。
久々の家事がとても大変だけど。
少しずつ慣れて行こう。



とりあえずみんな元気です。


思ひ出ぽろぽろ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

月日の流れは早いもので。
日本での生活も残すところあと2週間強となりました。
美しく豊かな日本を満喫し過ぎて。
戻るのが大層憂鬱…。

8カ月。
こんなに長く富山に滞在するのは小学生以来です。
久々の富山。
ダイエットを兼ね、思い出の地を歩いてみました。



日々 007r 私が生まれてから多分5、6歳まで暮らした社宅。
裏にはグラウンドがあって。
父に自転車の乗り方を教えてもらったっけ。

日々 008d 父が取締役を務めた会社。
小さい頃、赤と白の棒のようなものが何なのか不思議で仕方なかった。
あ、今でも判りませんけど。

日々 028m 母校の小学校。
今は改築され、私が通った頃の面影はありませんが。

日々 027d 学校の前にある商店。
ここの2階で幼馴染N、Kちゃんと3人で書道を習っていました。
5年間習いましたが。小学校の書き初め大会で入賞したことはありません…。
一緒に習ってた幼馴染らは毎年入賞したり、町のコンクールに出品されたりしてたのに。
一度先生に詰め寄ったことがあります。
「どうして私だけ賞をもらえないの!?」
「んー、勢いがないんだよね。中心ずれてるし。」
高校で書道の授業を選択してたんだけど、その時も先生に同じこと言われました…。
成長してない。
先日幼馴染と話してて判明したこと。
Nは6段、Kちゃんは特待生だったんだって。
私は2段。
入賞しないのは当然だったのか。
つーか、なんで一緒に始めたのにこんなに差が…。

日々 018j 4大公害の一つイタイイタイ病の発祥地、神通川。
小学校の校医はイタイイタイ病を発見したお医者さんでした。
集団予防接種の時は必ず来るんだけど、彼の注射は痛いと評判で。
みんなそこに並ぶのを避けていた記憶があります。
今考えると誰が注射したって痛いよねぇ。
近くにはイタイイタイ病の悲惨さを展示する記念館があります。
なぜかよく通ったなぁ。


日々 020t 空の玄関・富山空港。
国際線も飛んでます。
空港は家の近くにあるので、飛行機は家の上を低空飛行。
昔は飛行機が来る度にテレビの画像が乱れたり、騒音が気になったりしたものでした。


私は富山で生まれ富山で幼少期を過ごしました。
父の転勤の為、中学からは千葉へ。
正直なところ今回の滞在まで、私は富山をあまり好きではありませんでした。
冬は寒いし、娯楽も少ない。
何より方言。
中学に入りたての頃、よく方言を男子にからかわれた。
もちろんそれに負けるような私ではなく、
時には椅子を持ち上げて戦いを挑み、
時には涙を流し周りの女子たちを味方につけて、代わりに戦ってもらった。
でもやっぱりトラウマ、みたいのになってたんだろうな。

だけど今回8カ月間ここで生活し思い出しました。
春には花を摘み、夏にはザリガニやホタルを捕まえ、
秋にはトンボを追いかけて、冬には雪と戯れた少女時代。
今よりずーっと四季を感じられる毎日。
休日が嫌だと思うほど楽しかった学校。
初めて泣いたのも、初めて歩いたのも、この場所。
今の私を構成する基礎、原点はここにあるんだ、と。

そして初めて気が付きました。
新鮮な魚の美味しさ。
外に出れば見ることが出来る立山連峰の美しさ。
娯楽はないけど、人との付き合いを大切にするイベントの多さ。
方言もよく聞いてみると面白い。
この言葉がなまってこうなるんだー、みたいな。


先日保育園のママ友達と話していた時、素直に、心から、
「富山っていいよね。」と言えた自分が嬉しかった。
今度出身地を聞かれたら。
胸を張って「富山です。」と言える気がします。

ちなみに富山駅の近くには
「日本一絶景のスターバッ○ス」があるんだよー。


そんな富山にいられるのもあと少し。
もうこんなに長くここに住むことはないと思うし。
悔いのないよう楽しみたいと思います。



日本滞在中に遊んでくれたみんなありがとう!
会えなかったみんな、またゆっくり遊んでね!
イラン生活、頑張ってきます。

テヘランのみんな、またよろしくね~★
中途半端に残してきた、ペルシャ絨毯やイラン刺繍も仕上げなきゃ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。